スポーツ外傷

スポーツ外傷の治療について


プレー中の転倒や衝突によるねんざ、肉離れ、打撲、骨折、脱臼などの明らかな外力により組織が損傷するケガ「スポーツ外傷」と、野球肘、テニス肘、ジャンパー膝など骨、腱、筋肉などに過度の負荷が繰り返し加わることで発生する「スポーツ障害」とがあります。無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなってしまったり、そのままにしていると症状が悪化し重症化してしまうものもあります。
いつまでも健康な体でスポーツを楽しむためにも、初期の段階で正しい処置をすることが最も大切になります。
どんなスポーツにもいえることですが、いかに未然に外傷や障害を防ぐ努力をしていてもケガをしてしまうことがあります。特にスポーツ前後のストレッチは欠かせません。 大切なことは、その外傷・障害がおきた際に適切な処置が取れるかどうかが、最も大切になります。

スポーツ外傷の例

突き指肉離れ骨折脱臼捻挫打撲急性挫傷(筋・腱などの軟部組織損傷)
のケガなどが代表的です。