交通事故

交通事故は全ての自動車保険を取り扱い致します


当院は交通事故治療において全ての損害賠償責任保険=自動車保険を取り扱いし窓口負担金無しで治療を行う事ができます

■国内損害保険各社
■外資系保険各社
■通販型ダイレクト保険各社
■JA共済(農協)・全労済
■教職員共済・中小企業共済(全済団)
■各種事業協同組合(トラック、タクシーなど)
■全自共‥他、取り扱い


担当保険会社へ"関口接骨院で治療する"旨を連絡して頂き治療を開始いたします。
直接当院へご来院、ご連絡頂ければ、当院で手続きを代行して行う事もできます。

被害者の患者さんは基より、加害者側の患者さんも自動車保険で治療が可能です(一部例外の場合もあり)。
又、すでに他院加療中で治療経過が思わしくない方時間の都合や遠方で通院が困難の方積極的にリハビリをしたい方などは当院への転院や他院との併行治療も可能ですので是非一度ご相談下さい。
レントゲン/MRI検査等の紹介依頼も行います。

交通事故の頚椎捻挫、むち打ちとは?


最近の自動車には自動衝突回避装置が付いたいわゆる「ぶつからない車」が増えてきました。

しかしながら街中では毎日どこかで交通事故が起き発生件数は平成28年でも約50万件、負傷者数は約60万人と未だ高い数値と成っています。
自動車事故で多いのが交差点で出あい頭の衝突と停車中後方からの追突による事故です。(”お釜を掘られる”とよく言われています)。

その衝撃の際、重い頭を支えている首にダメージを受けたケガに”むちうち”があります。
ちょうど鞭を打った様にしなる動きをする事から鞭打ち-むちうちと名前がつきました。
しかしむちうちとは正式な病名ではなくケガの起こり方を表したもので、一般的には頚椎捻挫や外傷性頚部症候群などと呼ばれています。
因みに"突き指"も病名ではなく、◯◯指捻挫や◯◯指打撲などが正しい呼び名となります。


診断書には「頚椎捻挫を◯年◯月◯日負傷、2週間の加療を要す」などと表記されます。
むちうちにも損傷の状態によりいくつかのタイプがあり比較的軽度で短期的なものから、加療に長期を要すものもあります。